成功の可否を決めた薬剤師の転職のエージェント選び

転職をしたいとは長々と考えてきました

転職をしたいとは長々と考えてきました : 複数エージェントに登録して吟味

職場にストレスが溜まっていたことに加えて、もう少し楽に働けるようになりたいという気持ちがあって転職をしたいとは長々と考えてきました。
すぐに踏み出すことができなかったのは、日本の伝統的な考え方がどうしても頭から離れなかったからです。
一度就職して働き始めたら、同じ職場で働き続けるべきであるという考え方がなかなか頭から離れずに、ストレスがどれだけ溜まっても我慢して働き続けていました。
しかし、勤めていた病院に一人の薬剤師が転職して来たことによって考え方が変わりました。
その人はその職場で生き生きと働き始めたからです。
自分と違って人間関係もうまく作り上げることができていて、仕事にも満足している様子でした。
その様子を見て、自分も転職をすれば生き生きと働けるようになるかもしれないと考えたのです。
転職をする可能性については念頭にあったので情報収集はしっかりと行っていました。
薬剤師が転職をするなら求人募集を紹介してもらえるエージェントを活用するのが良い方法だとわかっていたので、人気の高いものを選んでまずは登録を行ったのです。
間もなく連絡が来て面接を行い、今の職場の人間関係でストレスを感じていることと、もう少し勤務条件が厳しくない職場で働きたいことを伝えました。
業務内容についてはそれほどこだわりがあったわけではないので、病院でも調剤薬局でも薬剤師として活躍できる職場なら構わないということを伝えて面接は終了し、連絡を待ったのです。
しかし、待てど暮らせど連絡は来ないという状況が続き、10日ほど経ってメールをしてみるとその返事すらないということになってしまいました。
携帯に電話をかけてみても出てくれないという状況になってしまい、オフィスの方に連絡をしてみたところ、既に担当者が退職してしまったということを告げられました。
そして、その引き継ぎがちゃんと行われていなくて担当者がいないという状況になっていたのです。

転職サイトで薬剤師の募集を発見!

病院薬剤師として長年勤務してきました。
患者さんとの距離が近く、服薬指導などでは直接お話しする事も出来るので、「この薬は効いた」とか「副作用が辛い」といった声を聞く事が出来ました。
自分の薬の知識も豊富になりますし、また患者さんから頼りにされているのも嬉しかったです。
ただ人間関係は大変でした。
同じ職場の同僚はお互いに助け合う感じで良好でしたが、問題は医師や看護師との関係です。
私が「副作用がきつい」とか「薬を飲む量を減らしたい」といった患者さんの声を聞き、それを担当医師に相談してみたところ、全く私の意見は聞き入れて貰えませんでした。
もちろん私の意見が簡単に取り入れてもらえるとは思っていませんでしたが、同じ患者さんを担当している身として、もう少し耳を傾けてくれてもいいのになと感じました。
そういった事が何度か続いたと思います。
丁度その頃に、一番頼りにしていた先輩が仕事を辞めてしまった事もあり、私も急に仕事に対しての情熱を失っていきました。
仕事を辞めようかなと夫に相談したところ、せっかく薬剤師の免許を持っているのに勿体ない、転職を考えてみたら?とアドバイスされたのです。
病院での仕事はなかなかハードで、仕事をしながら転職活動をするのは大変です。
そこでまずは転職サイトに登録し、専門のキャリアアドバイザーから紹介してもらう事にしました 仕事を探してもらうのに際し、全ての希望を伝えたつもりです。
病院勤務にはこだわっていない、全く違う現場でも良い、人間関係に悩んでいたのでアットホームな雰囲気で働ける職場が良いといった事を伝えていました。
担当アドバイザーからは、「これまでの実績が豊富なので、きっと良い職場が見つかりますよ」と言ってもらい心強かったです。
転職活動を始めてから2週間が経った頃、ある調剤薬局で薬剤師の募集をしていると連絡を受けました。
自宅からも通いやすい場所にあり、また時間の融通が利くのも魅力に感じました。
そこでアドバイザーに面接の希望を伝えたところ、すぐに面接の日程を調節してもらいました。
面接は職場の雰囲気を見てもらいたいとの事で、薬局の事務所で行われました。
私にとっては初めての転職活動なので、かなり緊張しながら薬局を訪問したのですが、職場で働いている方達から「こんにちは」と元気に挨拶をしてもらい安心感が持てました。
面接ではこれまでの仕事内容、転職を決意した理由、こちらに応募した理由などを聞かれました。
人間関係の事なども含めて素直に自分の気持ちを伝えられたと思います。
面接担当の方から、最後に「ぜひうちで働いて下さい」と言われ、その場で内定を貰う事が出来ました。
思っていたより簡単に次の職場が見つかった事に驚きましたが、これでまた新しい気持ちで仕事が始められると思うと、清々しい気持ちになりました。
帰ってから夫に報告した時も、「早く決まって良かったね」と喜んでもらいました。
医師や看護師はともかく、これまで一緒に働いてきた同僚に退職する事を伝えるのは辛かったです。
現在は新しい職場で働き始めて半年ほどが経過しています。
最初はこれまでと仕事の内容がまた違うので戸惑う事も多かったですが、親切な同僚に恵まれ、順調に仕事も覚えてきました。
病院の服薬指導はやりがいのある仕事だと感じていましたが、調剤薬局でも十分に患者さんと会話をする機会がありあます。
常連のような患者さんも多いですが、世間話を交えつつ、いろんな話が出来るので、また病院とは違う穏やかな時間が流れている感じがします。
とにかくストレスの少ない職場で、今までより体重も増えてしまいましたが、ずっと長く働ける環境だと思っています。

薬剤師 転職医療・製薬業界(CRAや臨床開発など)の転職ならライフケア・ネットワーク